函館市青函連絡船記念館 摩周丸

船体験展示あり屋内施設

アイコンの説明

アイコンの説明図

種別
展示内容 1988(昭和63)年3月13日の青函連絡船最後の日まで運航していた摩周丸を実際の乗り場であった旧函館第二岸壁に係留・保存して公開しています。
操舵室・無線通信室は当時のまま残されていて、各種操船機器にさわることもできます。旧グリーン船室前部が展示室に改装されていて、実物部品・模型等を展示、パネル・映像・音声を通じて青函連絡船の歴史やしくみを学んでいただけます。
特長 コンパス甲板(最上階屋上)は、360度の展望。函館山、西部地区の街並みから、横津岳、駒ヶ岳、トラピスト修道院のある丸山まで見渡せます。3階前方のサロン(無料休憩所)からの眺めも素晴らしく、図書・映像ライブラリー、喫茶コーナーもあるので、ゆっくり楽しめます。
体験展示 あり
開館時間
  • 4月~10月 8:30~18:00(入館は17:00まで)
  • 11月~3月 9:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日

なし

※12月31日~1月3日は開館時間を短縮して営業。

※船舶検査・修繕工事・特別清掃等により臨時休館することがあります。

入場料
  • 大人:500円(団体:400円)
  • 小・中学生、高校生:250円(団体:200円)

※未就学児以下:無料
※団体割引は20名以上

<青函連絡船共通入館券>

  • 大人:700円

※函館の摩周丸と青森の八甲田丸の両方に入館可能。大人のみ(有効期間1年=どちらか1館に入館してから1年以内であれば同一券でもう1館にも入館できる)。

<年間券>

  • 大人:1,000円
  • 小・中学生、高校生:500円

※使用開始日から1年間有効

屋内施設・
屋外施設
屋内施設(一部屋外)
バリアフリー なし
備考

専用駐車場はありませんが、タクシー等は摩周丸入口階段前まで入ってくることができます。

所在地 〒040-0063 北海道函館市若松町12番地先
電話番号 0138-27-2500
アクセス 大きな地図で見る
  • JR「函館駅」から徒歩4分
  • 市電「函館駅前」から徒歩5分
  • 「函館空港」からバス20分(「函館駅前」下車)
  • 「函館空港」からタクシー15分
駐車場 なし
施設の
Webサイト
http://www.mashumaru.com/

※上記の情報は変更されている場合があります。詳しくは各施設のWebサイトをご覧ください。

旧国鉄函館第二岸壁に係留
操舵室(船橋)は現役当時のまま
眺望抜群のコンパス甲板
寝転がることもできる普通座席(レプリカ)