名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ

船体験展示あり駐車場あり屋内施設

アイコンの説明

アイコンの説明図

種別
展示内容 名古屋海洋博物館は、船や港の役割や日常生活との関わり、海や貿易の歴史などを紹介しています。また、隣接する南極観測船ふじは、実際に南極観測隊員を乗せて日本と南極を往復していた船で、乗船して見学をすることができます。当時の設備をできる限り保存しており、南極観測の歴史や南極大陸について学べる博物館となっています。
特長 大きな船の模型や映像の展示、またコンピューターを使い、遊んで学べる体験型の博物館です。原寸大で紹介しているコンテナコーナーは迫力があります。南極観測船ふじは、リアルなマネキンで当時の船内を再現しています。また、ポートビルには展望台もあり、湾内を行き来する船や名古屋市内が一望できます。他にも、年間を通して海や南極に関するイベントを開催しています。
体験展示 あり
開館時間 9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)

※7~9月は無休

入場料
  • 大人:300円(団体:20名様以上260円/100名様以上250円)
  • 高校生:300円 (団体:20名様以上240円/100名様以上220円)
  • 小・中学生:200円(団体:20名様以上160円/100名様以上150円)

※20名様以上の一般団体、または学校団体(グループ行動の場合を含む)のお客様は、お越しになる前に、ポートビル1階の団体受付(TEL:052-652-1111)までご連絡ください。

屋内施設・
屋外施設
屋内施設
バリアフリー 盲導犬受け入れ
備考

※3施設(展望室・名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ)入場の場合

  • 大人:700円(団体:20名様以上580円/100名様以上550円)
  • 高校生:700円(団体:20名様以上490円/100名様以上430円)
  • 小・中学生:400円(団体:20名様以上280円/100名様以上250円)
所在地 〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1番9号
電話番号 052-652-1111
アクセス 大きな地図で見る
  • 名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」から名城線金山方面「名古屋港」行きに乗り換え、終点下車
  • 名鉄・JR「金山駅」から名古屋市営地下鉄名港線「名古屋港」行きに乗り換え、終点下車
  • 名古屋市営地下鉄名港線「名古屋港駅」3番出口より徒歩5分
駐車場 有料
施設の
Webサイト
http://pier.nagoyaaqua.jp/

※上記の情報は変更されている場合があります。詳しくは各施設のWebサイトをご覧ください。

名古屋海洋博物館外観
南極観測船ふじ全景