神戸大学海事博物館

船入場無料屋内施設

アイコンの説明

アイコンの説明図

種別
展示内容 神戸大学海事博物館は、その前身の神戸商船大学や神戸高等商船学校時代から現在にかけて海事に関する資料を幅広く収集展示して教育に役立てるとともに、海事の普及を目的に1958(昭和33)年に海事参考館として発足しました。1967(昭和42)年の私立川崎商船学校創基50周年(神戸商船大学50周年)記念事業において現在の展示室が講堂の1階に完成したのを機に海事資料館へと改称し、さらに、神戸商船大学と神戸大学との統合1年後の2004(平成16)年10月1日には海事博物館へと名称を改めました。
収蔵品は、江戸時代後期から日本沿岸や瀬戸内海で活躍した北前船などの和船模型を始め、和船の部分実物、船大工の板図や道具類、航路図や海路図屏風、航海の安全を祈願して奉納した絵馬、西洋型帆船や各種の商船模型、近代の航海用具、レシプロ機関やボイラー模型、進水式絵葉書、船や船旅と近代の日本商船隊に関連したコレクションの他に書籍など約3万点を数えます。また、企画展では数々の貴重なコレクションを展示します。
特長 毎年、海の日を記念して企画展を開催し、常設展示に加えてテーマに沿った特別展示を行います。日本と世界は海という広大な道で密接につながっています。日本の豊かで文化的な暮らしに不可欠な「船」や「海運」について、その歴史や重要性、「人」と「海」と「船」の関わりなど展示物を通じて紹介します。
体験展示 なし
開館時間 13:30~16:00
休館日
  • 火・木・土・日曜日
  • 祝祭日
  • お盆(盆前後10日間程度)
  • 年末年始(12月下旬~1月中旬)
入場料 無料
屋内施設・
屋外施設
屋内施設
バリアフリー なし
備考

なし

所在地 〒658-0022 兵庫県神戸市東灘区深江南町5丁目1番1号       
神戸大学大学院海事科学研究科・海事科学部内
電話番号 078-431-3564(開館時のみ:海事博物館事務室)
078-431-6200(開館時以外(代表):神戸大学大学院海事科学研究科総務係)
アクセス 大きな地図で見る

(阪神電車を利用される場合)

  • 大阪方面から特急または直通特急「西宮駅」で普通車に乗換えて「深江駅」下車
  • 三宮方面から特急または直通特急「御影駅」で普通車に乗換えて「深江駅」下車
  • 「深江駅」から南西方向へ徒歩約10分(国道43号線の南側)

※その他アクセス方法は、施設Webサイトにてご確認ください。

駐車場 なし(お車での来館はお控えください)
施設の
Webサイト
http://www.museum.maritime.kobe-u.ac.jp/index.html

※上記の情報は変更されている場合があります。詳しくは各施設のWebサイトをご覧ください。

神戸大学海事博物館全景
和船模型
大型の商船模型
館内奥の特別展示