海上保安資料館(海上保安大学校内)

船飛行機その他のりもの入場無料駐車場あり屋内施設

アイコンの説明

アイコンの説明図

種別 船・飛行機・その他
展示内容 海上保安資料館は海上保安庁創設30周年記念事業の一環として建設されました。館内では、現役を引退した巡視船艇、飛行機およびヘリコプターなどの写真パネルや模型などの展示を通して、海上保安庁の歴史や業務を紹介しています。
特長 館内には、2001年12月九州南西海域不審船事案で銃撃を受けた巡視船「あまみ」船橋前面の展示、解役巡視船艇の号鐘、舵輪などの艤装品の展示、海上保安庁が協力した映画・テレビ「海猿」で使用されたウエットスーツなどの展示、巡視船艇・航空機の写真・模型および海上保安庁の業務を紹介する写真パネル・模型などが展示されています。
体験展示 なし
開館時間 9:00~16:00
休館日
  • 土・日・祝日
  • 年末年始(12月28日~1月4日)
入場料 無料
屋内施設・
屋外施設
屋内施設
バリアフリー なし
備考 なし
所在地 〒737-8512 広島県呉市若葉町5-1 海上保安大学校内
電話番号 0823-21-4961
アクセス 大きな地図で見る
  • JR呉線「吉浦駅」前バス停より広電バス乗車 「池の浦」下車 北門まで徒歩約400m
  • JR呉線「呉駅」前バス停より広電バス乗車 「海上保安大学校入口」下車 正門まで徒歩約600m
駐車場

無料

施設の
Webサイト
http://www.jcga.ac.jp/shiryokan/shiryokan.html

※上記の情報は変更されている場合があります。詳しくは各施設のWebサイトをご覧ください。

海上保安資料館外観
巡視船あまみ船橋展示
南極観測船宗谷に関する資料展示
映画「海猿」に関する展示